【猫マンガ vol.2】「病院猫ポチ」2話 調子が悪いとすぐ調べられる(X線検査、血液検査、超音波検査)これは特権なの?

【猫マンガ vol.2】「病院猫ポチ」2話 調子が悪いとすぐ調べられる(X線検査、血液検査、超音波検査)これは特権なの?

黒木 慎介
おおたかの森動物病院
452HugQ
      

猫ちゃんの定期検査は、1年に1回は行きましょう!

皆さん、猫ちゃんの「定期検査」、どれくらいの頻度で行っていますか?
実は、犬オーナーに比べて、猫オーナーのほうが病院に連れて行く回数が少ないという調査結果があります。
病院に行くのを嫌がるから、ストレスを与えて可哀想だから…などの声をよく聞きますね。
しかし、猫は不調を隠そうとする生き物で、ギリギリまで痛みや苦しみを我慢してしまうこともあるんです!
症状が出た時には病気が進行してしまっていることもあります。そうなる前の早期発見がとっても大事なんです。
私も自分の猫となると、このマンガのように心配し過ぎてついつい検査にかけてしまうことがあります…。笑
ですが、検査で「何も無い」ことがわかることも、健康時の身体記録が残せるので、様々なメリットがあるんですよ。
「身体検査」「血液検査」「尿/便検査」「X線検査」「超音波検査」これらが基本的な健康診断検査の内容です。
また、検査結果からごはんの与え方や普段のお手入れなど、獣医師からアドバイスを受けることもできます。
猫の場合、検査は1年に1回が目安と言われていますので、「この時期になったら定期検査!」というように、タイミングを決めておくのも良いかもしれませんね。
猫ちゃんの健康管理は、飼い主さんがしっかり行っていきましょう!

監修獣医師

黒木 慎介 先生
おおたかの森動物病院

おおたかの森動物病院院長。佐賀県出身。2005年に宮崎大学農学部獣医学科を卒業後、東京足立区の動物病院に7年半勤務。2012年に千葉県流山市にておおたかの森動物病院を開業。病院にはトリミングサロン、ドッグランも併設され、ペットと暮らす地域の人たちをつなげる場所になっている。

ねこまる
漫画家

インスタグラムで猫漫画を掲載している九州在住の女性作家。
飼い猫「おにぎり」との日常をメインに「猫あるある」をシュールなタッチで描く。
人気の猫漫画インスタグラマー。Instagram→ @ yoshie_nekomaru
 
  • twitter
  • facebook
  • LINE

記事制作にご協力頂いた方

「いいね♡」を押すとブログを書いた動物病院にHugQポイントが贈られます。
会員登録をしてあなたの「いいね♡」を動物病院に届けてください!

「ブックマーク」機能の利用には会員登録が必要です。