猫専用防災グッズ期間限定販売中
【前編】在宅勤務中の飼い主さんに聞いた! ニャンともかわいい猫あるある

【前編】在宅勤務中の飼い主さんに聞いた! ニャンともかわいい猫あるある

#HugQ編集部
      

「少し席を外した隙にキーボードの上を愛猫が占領」。そんな経験、猫を飼っている方なら一度はしているのではないでしょうか?今回は、在宅勤務・テレワークが増えた今だからこそ、思わず「あるある!」と言いたくなる猫オーナーたちの体験をご紹介。きっとあなたの愛猫にも当てはまる“あるあるネタ”が見つかるはずです。

「おやつちょうだい!」と無言の圧力。
“迫力満点のおねだり”がすごい!

飼い主さんが大好きという茶トラの女の子。「前からのプレッシャーがすごいです。最初はニャンと寄ってきて、無視していると無言の圧力に変わっていきます」「私、あまり放置できなくて…。だからかもしれないのですけど、“メールを送るまで待って”と言っても待ってくれないんです」。それにしてもすごい圧力ですね(笑)

通勤途中、目があって「運命」を感じて保護したという茶トラの女の子。

集中したいときほど、ジャマしてくるのに。
こちらから近づくと知らんぷり……。

お気に入りの場所は、「お風呂の桶」だというスコティッシュフォールドの女の子。テレワーク中は、飼い主さんがお仕事をするデスクの横で、丸まって寝ているそうです。「ちょっぴりビビりで、甘えん坊」な性格の猫ちゃんは、「午後はよく仕事のジャマをするんですけど、休みの日は私がアプローチしても反応しないんです」。それは、ちょっと寂しいかも…。

スコティッシュフォールドの女の子。チャームポイントはクリッとした目。

猫だけにマウスに反応するのは本能?
「遠くから勢いよく飛んできます」。

「マウスの動きに興味津々」という猫ちゃんは、まだ子どもだからなのか?パソコンのマウスの動きに反応して「遠くから飛んでくる」と言います。飼い主さんは「危ないので、本当にやめてほしい」とお困りの様子でしたが、猫だけにマウスに反応するのは本能なのかもしれませんね。

「パソコン周りは電気が走っているので、そこだけが心配」と飼い主さん。

「あっ!」と思ったときにはもう遅い。
飼い主の席を横取りする愛猫。

飼い主さんが「ちょっと席を外した隙に、在宅勤務用のイスを占拠する」というチンチラの男の子。「ちゃぶ台にパソコンを移動して作業するんですけど、足がめちゃくちゃ痛くなる。でも、うちは猫優先なのでどかさないのがルール」。しかも、「仕事が終わったタイミングで起きる」そうで、猫ちゃんもよくわかっていますね!

最近は「おとなしい」と言いつつも、しっかり猫っぷりを発揮。

まさかのモップ状態!?
モフモフの毛で、床をキレイにお掃除!

おもちゃには目もくれずに、スツールに潜り込んだ猫ちゃん。「恥ずかしい話、スツールの下は汚れているので、まず潜らないでほしい」と飼い主さんも苦笑い。「しかもムリやり入っていくので、出て来るときはモップみたいにキレイにホコリも取ってきます」。今は猫ちゃんが潜ってもいいように、しっかり掃除されているそうです。

猫ちゃんの行動に「ちょっとびっくりしました」と飼い主さんも驚きの様子。

猫との在宅勤務はサイコー!
一緒に過ごせる時間が増えてしあわせ。

在宅勤務・テレワークとなって、猫と過ごす時間が増えて“しあわせ”を感じている飼い主さんが多いようです。だからこそ、「在宅勤務が終わったら一緒にいられなくなるから寂しいです」という方や「猫との時間も作れて、個人的に在宅スタイルはめちゃくちゃいいです」という方も。やっぱり猫と過ごす時間って癒やされますよね。

飼い主さんは「在宅勤務になって猫もうれしい」と勝手に思っているそうです。

調査概要

#HugQは、全国のペット飼い主を対象として、在宅勤務・テレワークにおけるペットの行動と、ペットオーナーが抱える悩みについて調査を行いました。

●対象者:全国/20-60代/男女
●有効サンプル数:スクリーニング調査:120サンプル
●本調査:3サンプル(猫を飼っている、かつ、悩みがある人)
●調査期間:2021/2/22~2/24
●調査方法:インタビュー方式

 
  • twitter
  • facebook
  • LINE

「いいね♡」を押すとブログを書いた動物病院にHugQポイントが贈られます。
会員登録をしてあなたの「いいね♡」を動物病院に届けてください!

「ブックマーク」機能の利用には会員登録が必要です。