「みんな幸せ、それが一番!」 スコティッシュフォールドのチャコちゃん、サモエドのアグちゃんと暮らす、つるの剛士さんが知りたい毎日のペットケアとは(中・愛犬編)

「みんな幸せ、それが一番!」 スコティッシュフォールドのチャコちゃん、サモエドのアグちゃんと暮らす、つるの剛士さんが知りたい毎日のペットケアとは(中・愛犬編)

  • 中村 篤史
  • つるの剛士
      

「ペットのお悩み相談室」は、オーナーからの質問に獣医師が直接お答えするコーナー。毎回さまざまなオーナーゲストをお招きし、ペットの心配事をお話していただきます。
ゲストは、前回に引き続きタレントのつるの剛士さん。今回は愛犬アグちゃん(サモエド/8歳/女の子)について、毎日のケアや、最近気になり始めたことを獣医師の先生に聞いてみました。アドバイスをしていただくのは、前編同様TRVA夜間救急動物医療センター院長の中村篤史先生です。

プロフィール

つるの剛士さん

タレント・歌手・俳優。積極的に育児に関わる男性「イクメン」の代表的な存在。二男三女の父親であると同時に、愛猫チャコ(スコティッシュフォールド)、愛犬アグ(サモエド)とともに暮らすペットオーナー。現在、幼稚園教諭免許、保育士資格の取得に向けて猛勉強中。趣味も幅広く多彩な才能の持ち主。
続きを見る

愛猫チャコちゃん

スコティッシュフォールド 12歳 女の子。以前、つるのさんが深爪したことを覚えており、今では長女にしか爪を切らせてくれない。アグが同じフロアにいるときは、家の中を歩き回らず、アグの手が届かないケージの上を定位置にして静かに過ごしている。

愛犬アグちゃん

サモエド 8歳 女の子。つるのさんから「アグオ先生」の愛称で呼ばれている。子犬の頃に1年間、訓練学校でしつけを受けており、指示には素直に従う穏やかな性格。散歩が大好きで、チャームポイントはいつも出ている舌。シベリア原産の犬種だけに夏は苦手。

プロフィール

中村 篤史 先生

広島県広島市生まれ。北里大学獣医学科卒業。2006年に東京大学附属動物医療センター、2008年に酪農学園大学附属動物病院(北海道)で研修医として勤務。その後、勤務医経験を経て、2011年にTRVA夜間救急動物医療センターの開院とともに院長に就任。業務の傍ら講演活動も精力的に行い、2019年には日本獣医救急集中治療学会の設立に参加し理事長を務めるなど、日本に動物の救命救急分野を根付かせようと尽力している。2021年、TBS『情熱大陸』に出演。
続きを見る

つるのさんが聞きたい!
ペットのケアのコツ<愛犬アグちゃん編>

8歳になった愛犬アグ。口や耳のケアはどこまで必要ですか?

中村先生

アグちゃんは8歳なので、そろそろシニア期に差しかかってくる頃ですね。毎日ケアされている中で、何か気になることはありますか?

つるのさん

アグは初めて飼った犬なので、ケアに関してはいろいろと疑問を抱えています。例えば、歯磨きや耳の掃除について。犬は元々野生で生きてきたし、ひと昔前の飼い犬もそこまで細かなケアをされていませんでしたよね?だからこそ、どの程度オーナーがケアすべきなのかいつも迷っています。それに、最近は口臭がきつくなるなど、体の変化も感じるようになりました。

(写真Instagramより)2022年1月4日の投稿

中村先生

なるほど。昔に比べて、今はペットのライフスタイルも変化してきているので、必要なケアも変わってきています。ちょうどアグちゃんの年齢である8歳頃からは、注意してあげたいケアも増えるので、今日はじっくりお話しましょう。

つるのさん

日ごろの疑問を解消できるとうれしいです!どうぞよろしくお願いします。

お悩みテーマ1

口臭について

つるのさん

Q. 以前は気にならなかったのですが、最近口臭を感じることがあります。

先ほどもお話しましたが、最近アグの口臭が気になるようになりました。アグは生まれた時からいつも舌が口の外に出ていて、口が開いているからでしょうか?

中村先生

口臭の原因は、「歯」の問題かも。8歳のアグちゃんは、そろそろ病院でチェックするタイミングですね。

以前は口臭が気にならなかったのならば、アグちゃんの口臭の原因は歯周病である可能性が高いですね。犬も歳をとると、だんだん歯石が付着し、歯周病になるんです。口腔内の環境が悪化して、口臭が強くなってしまうパターンはよくあるんです。

つるのさん

確かに最近、アグの歯の手入れをすると歯ブラシなどに汚れが付くことが増えました。

中村先生

歯周病が引き起こすのは、口臭だけではありません。歯周病から全身性に細菌感染を引き起こし、さまざまな疾患を引き起こすこともあるんです。具体的には、顔に穴が空いてしまうような根尖部膿瘍、心内膜炎など。全身の健康に関わってくる可能性があると言われています。
実は、愛犬の健康を守る上で、歯のケアはとても大事なポイントです。自宅で歯磨きを定期的に行うことができるといいですね。さらに、アグちゃんのようにシニア期に入る頃には、ぜひ一度病院で歯のチェックを受けてみましょう。その際、必要があればクリーニングもしてくださいね。

(写真Instagramより)2021年9月17日の投稿

つるのさん

やはり歯のケアは必要なんですね。犬が野生だった頃や昔の犬との暮らしを考えると、ある程度は生活の中で自然に歯の掃除ができるのかなと思っていました。食べ物がドッグフードになったことで、ケアが必要になったんですかね?

中村先生

まさにその通りです。生肉を食べて骨を噛んでいた頃とは違い、今食べているドッグフードは柔らかいですよね。栄養面はきちんと設計されているのですが、一方で歯に食べカスが付きやすかったり、付着したものが自然には取れにくかったりします。だからこそ、歯磨きをしてあげることが必要になってきています。

つるのさん

なるほど。じゃあこれからは歯のケアにも気を配っていきますね。

お悩みテーマ2

耳のケアについて

つるのさん

Q. アグの耳掃除をするべきなのかどうか、いつも迷っているのですが…

アグの耳掃除は、オーナーがした方がいいんでしょうか?
耳に関しても、犬は動物だからある程度は自然に浄化できるのではないのかと思い、いつも迷っています。

中村先生

耳のケアは必要です。8歳頃からは定期的に耳の中の状態を病院で調べておきましょう。

歯と同様に、耳のケアに関しても、オーナーさんがしてあげることが必要です。耳の形によって程度の差はありますが、汚れや垢は自然には排出されないことがあるんです。

つるのさん

そうなんですね。耳垢はどうやって取るのがいいんですか?

(写真Instagramより)2021年1月23日の投稿

中村先生

痒みなどで耳を気にするようになり、耳垢が目立つ場合は、病院でみていただくようにしてください。その際、もし炎症があればすぐに治療しましょう。炎症を放置していると耳の内側の壁がどんどん分厚くなり、耳の中の環境が悪化して、化膿してしまうこともあるんです。ご家庭では耳の奥までは確認しづらいので、ちょうどアグちゃんの年齢でもある8歳頃からは、病院で定期的に耳の中の状況をチェックしてもらうことをおすすめします。

つるのさん

耳については、病院でのチェックが必要なんですね。家でするケアは、どのようなことをすればいいんですか?

中村先生

家でケアする場合、やさしく耳の表面を拭く程度にしましょう。綿棒を奥まで入れるようなことは、決してしないでくださいね。その時にいつもより耳垢が黄色かったり、においがきつくなったりしていたら、炎症や細菌感染が起きている可能性があるので、すぐに病院を受診してください。
耳の中に炎症があると顔をずっと振る子もいるので、いつもより顔を振る回数が増えたり、繰り返すようだったらSOSのサインです。

つるのさん

アグには首を振る素振りないですね。耳の状態は大丈夫なのかな。これからもアグの行動や様子に「いつもとの違い」がないかどうか、気をつけて見ていきます。

CHECK LIST愛犬がシニア期(8歳くらい~)に入る頃から気を付けたいケア

  • 1. 歯のケア

    歯石や歯周炎は、命に関わる重大な疾患の原因にもなるので、自宅での歯磨きや定期的なクリーニングが必要。

  • 2. 耳のケア

    耳の炎症から化膿が起こるのを防ぐため、特にシニア期になってからは定期的に病院でチェックを。

お悩みテーマ3

皮膚炎について

つるのさん

Q. 毎年夏にできる皮膚炎の原因や予防法が知りたいです。

アグは毎年夏になると前脚などに皮膚炎ができるんです。被毛が多く夏はものすごく暑そうで、それが原因でかゆみが出ているのかなと思ったりしています。夏の皮膚炎への対応は、動物病院を受診すること以外に何かオーナーができることはありますか?

中村先生

夏になるとできる皮膚炎は、被毛の多い犬種に起こりやすい湿疹です。環境管理やブラッシングが効果的と言われています。

ホットスポット(急性湿疹)と言われる症状ですね。皮膚に急激な炎症と化膿が起こる皮膚炎です。おっしゃる通り、アグちゃんのように被毛が密になっている犬に起こりやすく、湿度の高い環境、例えば梅雨や夏の雨の後などにできることが多いと言われています。原因は、犬の皮膚環境が蒸れて、急激な炎症と細菌の増殖が起こること。炎症が起きると、犬も執着してしつこく舐めたり噛んだりしてしまうため、悪化させてしまうことがよくあります。また、犬の被毛が長すぎて毛玉ができると、皮膚が引っ張られて気になり、舐めてしまって炎症を起こすこともあります。

つるのさん

そうなんですね。ホットスポットを予防することはできるのでしょうか?

中村先生

完全に防ぐことは難しいかもしれませんが、もちろん予防する方法はあります。対策としては、①温度や湿度を管理して快適な環境を整えること、②ブラッシングをして被毛の絡まりを防ぐこと、③体が水に濡れたらしっかり乾かすこと、などが良いと言われています。

(写真Instagramより)2021年6月8日の投稿

つるのさん

環境管理はしています!夏になると、アグはほとんどの時間を空調が効いた部屋で過ごしていますね。そういえば去年の夏は皮膚炎がひどく、それがかわいそうで被毛を短くカットしました。被毛を切ることは犬にとって問題はないのでしょうか?

中村先生

バリカンで刈り上げてしまう問題として、被毛の変色やバリカン負けによる皮膚炎などが起こる可能性があるため、一概に刈り上げることが予防のためにベストではないのかもしれません。ただし、毛が伸びきったことにより、毛玉ができてしまったり、蒸れて皮膚炎を引き起こしてしまうこともあるため、場合によっては、サマーカットは効果的だと思います。

つるのさん

そうなんですね。皮膚を傷つけないように気をつけつつ、しっかり対策をしていきたいと思います。

CHECK LISTホットスポット(急性湿疹)を予防するポイント

  • 生活環境の温度・湿度を管理する
  • ブラッシングで毛玉ができるのを防ぐ
  • 体が濡れた後はしっかり乾かす

つるの家の子ども達も、チャコやアグのケアには積極的です。

中村先生

チャコちゃんとアグちゃんの日々のケアは、つるのさんの5人のお子さん達も一緒にされているんでしょうか?

つるのさん

5人とも、チャコとアグのことが大好きで、お世話も積極的に手伝ってくれます。5歳の次男はよく一緒にアグの散歩に行っていますし、16歳の長女はいつもチャコの爪を切ってくれます。
チャコの方も、長女には特に懐いていて、長女にしか爪を切らせてくれないんですよ。以前僕がちょっと失敗したことを覚えていて、僕が切ろうとすると怒るんです。だから、長女とチャコの仲の良さには、こっそりジェラシーを感じています(笑)。

中村先生

チャコちゃんは以前のことを覚えているんですね。アグちゃんも同じタイプですか?

つるのさん

アグの場合は何か嫌なことがあっても、数日経てばあまり気にしません。ただ、繊細なところもあるようで、一昨年に長男がカナダに留学した直後は寂しかったようです。落ち着きがなくなり、粗相までしてしまったので、長男の匂いがするタオルを傍に置いてあげるとやっと安心して寝ました。あの時はアグと長男との絆を感じて、僕はちょっと感動しましたね。

中村先生

チャコちゃん、アグちゃんと、それぞれのお子さん達との関係性が、しっかりと築かれているんですね。

つるのさん

チャコやアグは我が家に来て幸せだろうなと思うし、子ども達もまた、かけがえのない時間を過ごしていると感じます。

(写真Instagramより/チャコちゃんと長女)2021年8月3日の投稿

つるの剛士さんのお悩み相談室<中・愛犬編>はいかがでしたか? 中村先生のアドバイスでシニア期に入りかけのアグちゃんは、ちょうど歯や耳の状態をチェックするタイミングにきていたことが判明。ケアの仕方について悩んでいたつるのさんも、日ごろの疑問が解決できてスッキリした様子でした。
後編では、今度は12歳になるチャコちゃんについてのお悩みを中心に相談していただきます。長年愛猫オーナーをされてきたつるのさんの鋭い疑問に、中村先生がわかりやすく回答してくださいますので、後・愛猫編もぜひお楽しみに。

つるの剛士さんが知りたい「 後・愛猫編 」

 
  • twitter
  • facebook
  • LINE

記事制作にご協力頂いた方

「いいね♡」を押すとブログを書いた動物病院にHugQポイントが贈られます。
会員登録をしてあなたの「いいね♡」を動物病院に届けてください!

「ブックマーク」機能の利用には会員登録が必要です。