猫専用防災グッズ期間限定販売中
【猫マンガ vol.16】「病院猫ポチ」16話「キャリーバッグ=病院、のイメージ打破作戦!」

【猫マンガ vol.16】「病院猫ポチ」16話「キャリーバッグ=病院、のイメージ打破作戦!」

 
小松 広宗
宝塚まりも動物病院
400HugQ
      
【猫マンガ vol.16】「病院猫ポチ」16話「キャリーバッグ=病院、のイメージ打破作戦!」

キャリーバッグは本来、「安全でリラックスできる場所」!?

キャリーバッグの気配を感じ取って、一気に警戒モードになってしまう猫ちゃんは多いはず。今回は、そんな子でもスムーズに病院に連れていく方法をご紹介しました。病院の日だけ登場するキャリーバッグは、多くの猫ちゃんにとって「病院に連れていかれる箱」です。しかし、普段から目の触れる場所に置き、「くつろぐことのできる場所」「おやつをもらえる場所」といったプラスの印象を付けておくことで、いざというときにもすんなり誘導できるようになります。キャリーバッグは本来、ポチの言うように「狭くてあったかくて快適な場所」だと言うことを知ってもらいましょう!ポイントは、「気長に実行し続けること!」。数ヶ月かけて、じっくり取り組んでくださいね。

監修獣医師
小松 広宗 先生

小松 広宗 先生

宝塚まりも動物病院 院長。2007年に北海道大学獣医学部卒業後、大阪府内の動物病院に勤務。その後2019年に兵庫県宝塚で宝塚まりも動物病院を開院。キャットフレンドリークリニックとして最も厳しい基準のゴールド認定を取得しており、猫ちゃんの心と体の健康を守る場として猫オーナーさんからの信頼も厚い。現在、4匹の猫と共同生活中。新たな猫が来る度に広い部屋を求めて引っ越しをしている。趣味はミニオンズグッズ収集。
ねこまる

ねこまる
漫画家

インスタグラムで猫漫画を掲載している九州在住の女性作家。
飼い猫「おにぎり」との日常をメインに「猫あるある」をシュールなタッチで描く。
人気の猫漫画インスタグラマー。Instagram→ @ yoshie_nekomaru
  • twitter
  • facebook
  • LINE

記事制作にご協力頂いた方

「いいね♡」を押すとブログを書いた動物病院にHugQポイントが贈られます。
会員登録をしてあなたの「いいね♡」を動物病院に届けてください!

「ブックマーク」機能の利用には会員登録が必要です。