猫専門病院の院長 山本宗伸先生の3匹の愛猫との“ゆったりマイペースな暮らし方”

猫専門病院の院長 山本宗伸先生の3匹の愛猫との“ゆったりマイペースな暮らし方”

山本 宗伸
Tokyo Cat Specialists
400HugQ
      

本企画「Vet’s Cats~獣医の猫の飼い方~」では、猫を飼っている獣医師に取材。実際に自宅でどのように飼われているのか、また、動物のプロとしてどのような注意をしているのかを伺います。
今回取材に伺ったのは、東京港区の猫専門病院「Tokyo Cat Specialists」の山本宗伸院長。3匹の愛猫との気ままな暮らし方について紹介します!

プロフィール

山本 宗伸 先生

日本大学獣医学科外科学研究室卒。東京都出身。10歳の頃、授乳期の子猫を保護したことがきっかけで猫に魅了され、獣医学の道に進む。獣医学生時代から猫の扱いに定評があり、猫医学の知識習得に力を注ぐ。都内猫専門病院で副院長を務めた後、ニューヨークの猫専門病院 Manhattan Cat Specialistsで研修を積み、帰国後に猫専門病院「Tokyo Cat Specialists」を開院。国際猫医学会ISFM、日本猫医学会JSFM所属。

10歳で初めて触れた、猫の魅力

——まずは、先生が初めて飼った猫との出会いについて教えてください。

10歳の頃、1匹の子猫を保護したことが私の猫人生の始まりでした。その子猫はなぜか私の家の庭で独りぼっちで鳴いていたんです。保護した当時は100グラム程度。おそらく生後1日も経っていなかったのではと思います。当時、小学4年生だった私は、猫を育てた経験のある母と近隣の獣医師のアドバイスをうけて、ミルクをあげたり、お尻を拭いて排せつを促したりしました。
猫は一日一日大きくなって目が開き、その成長をそばで見ているのが、とても楽しかったですね。その後、無事に3キロほどまで成長したこの猫は、ラッキーと名づけられて生涯我が家で暮らすことに。ラッキーは、私が大学6年生になるまで元気に生きてくれました。

——ラッキーとの出会いがきっかけで、獣医を目指されたんですか?

そうですね。猫を育てることも楽しかったですし、もともと生き物や動物が好きだったので、やりたいこと、好きなことを仕事にするなら獣医学かなと。建築学にも興味があって最後まで迷ったのですが、やはり獣医を目指すことにしました。
おかげで必死に勉強することになりましたが、晩年、悪性リンパ腫を患ったラッキーを自分でケアすることができましたし、この道に進んでよかったと思っています。

子供の頃の先生とラッキー

3匹の猫たちと一緒に穏やかな毎日を

——今、一緒にくらしている猫たちについて教えてください。

今は3匹の猫と一緒に暮らしています。
最初にやってきたのが、小笠原諸島出身の保護猫「カツオ」です。オス猫を飼うのは初めてだったのですが、想像よりも活発で甘えん坊でしたね。
カツオの数カ月遅れでやってきたのが、ノルウェージャンの姉妹、「ホタテ」と「ハモ」です。彼女たちは友人のクリニックで保護され、とても仲良しだったので姉妹で迎えることにしました。これまで長毛種の猫は飼ったことがなかったのですが、毛もよく抜け落ちるし、なかなかケアが大変だということが、実感としてよくわかりました。

カツオちゃん 推定5歳 オス

ホタテちゃん 推定5歳 メス (ハモちゃんと姉妹)

ハモちゃん 推定5歳 メス (ホタテちゃんと姉妹)

——それぞれの猫たちは、どんな性格ですか?

ホタテとハモは姉妹でとても仲が良いんですが、この2匹とカツオは、あまり仲良くありません。特にホタテは気が強いので、よくカツオと喧嘩しています。ハモは気が弱くて、ご飯のときも最後に出てきてカツオに横取りされちゃうようなタイプです。
一方でカツオは、人間とはとても仲良しなんですよ。人懐っこくて、突進してきたり、頭突きしたり。よくじゃれついてくるので家族にもとても可愛がられていますね。

先生になでられるカツオ

——先生と猫たちは、いつもどんなふうに過ごしているのでしょうか?

帰宅したときには、3匹全員が迎えにきてくれます。部屋にいるときは、カツオは積極的にゴロゴロしてきて、ホタテは見える場所で、のびのび好きなように過ごしていることが多いです。ハモはとても控えめで大人しいので、物陰に隠れていますが、なぜかパソコン作業をしているとそっと寄り添って来ます。
それぞれがいたい場所にいて、好きなときに好きなように触れあって、というように過ごしています。

ハンモックでくつろぐホタテ

——3匹の猫たちの食事は、どのようにしていますか?

フードは自動給餌器を並べて使っていますね。同年齢なので同じ量を同じ時間にセットしているのですが、カツオが食べるのが早いので他のコのフードを奪っているのか、ちょっと肥満ぎみです……。
おやつは、普段はあまりあげず、特別なときに少しだけあげるようにしています。

食事セット

——猫たちのために、どのようなグッズを用意していますか?

キャットタワーが2つと、爪とぎ、ベッド、ハンモックなど基本的なものしか持っていません。おもちゃはすぐに壊れるので、同じものを複数買って壊れたらチェンジするようにしています。基本は、ねこじゃらしタイプのおもちゃ。ホタテはレーザーポインターが好きなので、携帯のライトなどでも遊んでくれます。爪とぎはそれぞれ好きなところでやっていますね。

爪とぎと兼用のキャットタワー

お椀型の爪とぎ

おもちゃで遊ぶカツオ

おもちゃの猫じゃらし、ブラシ、爪切り

——日々のケアはどうしていますか?

長毛種はブラッシングが必要ですね。ホタテは毛玉ができやすいので、毛玉はこまめにカットしています。ケアについては、嫌がるときは無理せずに。「今やらなきゃ」と、あまり固執しないことがポイントですね。基本的にシャンプーなどはしていません。

ブラシとハモ

Point 山本先生流。猫とゆったり暮らすコツ

  • 1. それぞれのペース、距離感を尊重する。
  • 2. あそびグッズは壊れる前提で気軽なものを買う。
  • 3. おやつやケアの回数について厳しくルールを決めない。

One Pointアドバイス

食事、おやつの量は適切に管理しなくてはいけませんが、必要以上にルールに縛られることはありません。猫たちを観察して、適切なお世話を無理のない形でしていけばよいと思います。

猫にストレスなく暮らしてもらうには

——猫に安心してのんびり過ごしてもらうために、必要な環境とは?

危ないものは置かないことが大事ですね。こまめに片付けて、部屋をすっきりさせておくといいと思います。
猫は高いところに上りたがるので、キャットタワーや棚など上り下りできるものをおいています。その他にも、ちょっと隠れることができる場所を作ると安心できるようです。
今、家の窓際で使っているのは、マグネット式のシェードなのですが、紐が首に絡まったりせず使い勝手がいいですね。隠れる場所として猫もよく活用しています。

段ボールにかくれる猫

シェード脇の猫

——猫がストレスを感じているかどうかチェックする方法はありますか?

1997年に作られたキャットストレススコアがあります。古典的な評価方法ではありますが、心配なときはこれを参考にするといいかもしれません。体やおなか、あし、しっぽなど部位の様子によってどのくらいのストレスが猫にかかっているか、ある程度判断することができます。
家の中で猫がおなかを出して寝っ転がっているようであれば、かなりのリラックス状態なので安心してください。私自身は猫たちを観察して、何気ないしぐさや姿勢で、自然とストレスチェックをしているように思います。

出典:Cat Stress Score from Kassler & Turner 1997を元に作成
先生のブログ「NEKOPEDIA(ネコペディア)」より

正直、猫が一番かわいいと思っています

——先生が目指しているのは、猫とのどのような暮らしですか?

理想は、猫たちが静かにゆっくりと暮らせて、飼い主とのコミュニケーションもしっかりと取れている暮らしです。猫たちが気ままに、穏やかな毎日を送ることができればと考えています。

それぞれの好きな場所にいる猫たち

——先生が思う、猫の魅力を教えてください。

何よりも見た目が可愛いですね。目が大きくふわふわとしていて体も柔らかい。そして、マイペースな性格もいい。私もマイペースなので、お互いに無理をせず、気が向いたときに遊んだり、くっついたり、自然と一緒にいられるところに大きな魅力を感じていますね。正直、猫が一番かわいいと思っています。
猫独特のつかず離れずの距離感を保っていながら、突然甘えてくる、そのギャップに魅了される人も多いのでないでしょうか。その他にもハンターとしての野性的な身のこなし、チーターやライオンを思わせる歩き方や高い運動能力は、かっこいいなと感じます。

隠れる猫

——ありがとうございました。最後に猫のオーナーの皆さんへメッセージをお願いします。

猫が家にいてくれると、それだけで毎日が楽しくなるものです。私自身、ずっと猫と一緒に生活をしてきたので、猫のいない暮らしは考えられません。家に帰ると玄関で出迎えてくれる3匹の猫たちがいることで、心が和み、癒されます。
ときには高いところから降りてきてくれず困ったり、ものが壊れたり、インテリアに制限がでたりしますが、それは猫と暮らすうえでは仕方のないこと。猫を見て癒されながら、猫にも人にも心地よい環境を作り、ぜひ一緒にくつろいでください。

パソコンをしている先生の周りに集まってくる猫たち

Point 山本先生流。猫の快適空間づくりのコツ

  • 1. 引っかかる、倒れる、壊れるなど、危ないものを置かない。
  • 2. 上り下りできる高い場所、隠れられる場所を作る。
  • 3. ストレスチェックで緊張や怖がる素振りに気づき、フォローをしてあげる。
  • 4. 無理やり環境に馴染ませようとせず、ゆっくり気長に馴染むのを待つ。

One Pointアドバイス

犬よりも野性的でマイペースであり、扱いづらいといわれる猫ですが、そこがまた可愛い。ぜひその魅力に触れて、より一層猫との仲を深めてください。

 
  • twitter
  • facebook
  • LINE

協力してくれた獣医師の先生

「いいね♡」を押すとブログを書いた動物病院にHugQポイントが贈られます。
会員登録をしてあなたの「いいね♡」を動物病院に届けてください!

「ブックマーク」機能の利用には会員登録が必要です。